イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

何かパワーでも得られるのか? 日本の即身仏に対する海外の反応

time 2018/05/12

海外の掲示板で日本の即身仏が話題になっていました。

 

【トピック】
はじめて知ったんだけど、日本の仏教僧の間には即身仏という一種の瞑想法があったんだってね。食べ物と水を少しずつ減らしていって最後にはそのまま餓死するんだと‥。

 

●心拍数がゼロになった暁にはそりゃあリラックスするだろうな。

最後の一拍‥

ほったらしでも3000万円が生み出される!?
全自動FXツール

 

●たぶん仏陀の修行を真似したんだろうね。もっとも仏陀は悟りを得るには極端な禁欲は役に立たず、中道こそが真の道だと悟ったんだけどね。

仏教徒の多くは極端な修行はしない。中道を歩むというのが仏陀の教えだ。

 

●日本の天台宗には千日回峰行という修行もあるよ。一日30キロ以上の山道を飲まず食わずで走り続ける過酷な行だ。いったん修行に入ったら完遂しなければならない。完遂できない時は自殺しなければならない。

走り続けるわけじゃないよ。早足で歩くだけだよ。

 

●どうしてこんな馬鹿げたことが「賞賛されるべき行為」なんだ? こんなこといったい誰が考えたんだ?

 

 

続きはこちらでお読みください。有料のものとシェアウエア(気にいってくださったら小額を投げ銭していただくもの)の二通りがあります。→https://note.mu/japanization

また本サイトの記事は下の「世界日本化計画地下書店」からもご購入・ご購読できます。kindle unlimited会員の方は実質的に無料でお読みいただけます。

スポンサー
スポンサー
kindle本

最近の投稿

Links