イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

誇りあるサムライたちだった 新撰組を描いたドラマを観た海外の反応

time 2018/06/05

sponsored

●近藤勇、沖田総司、土方歳三、新撰組の勇士たちよ、安らかに眠れ。

●素晴らしい戦士たちだ。尊敬する。大日本帝国の兵士たちも同様だ。かれらはみな誇りある侍たちだった。自分はまだ日本に行ったことはないが、日本人のことを尊敬している。

●幕府を守って最後まで戦ったのは新撰組だった。

●天然理心流はまだ存在しているのかな? 宗家は誰なのかな? それとももう滅んじゃったのかな?

●沖田総司は優れた剣術使いだった。しかし病気がちだったためあっけなく死んでしまった。

●新撰組は愚か者の集団だ。国を強大にするため奔走していた革命家をかれらはただ追いかけ回し、捕らえ、拷問にかけていただけだった。最後には函館の戦いで壊滅させられてしまったが、それは似つかわしい最後だった。

違うよ

かれらは壬生のオオカミとして知られていた。

新撰組は武士階級の支配を維持するために戦っていた。一方、維新の志士たちは民衆のために戦っていた。義のために戦ったという点ではどちらも同じだ。しかし日本のためには維新の志士たちが勝ってよかった。

sponsored

●これ、なんていう題名の映画?

NHKドラマの『新撰組』だよ。

●薄桜鬼からたどり着いた僕が来ましたよー(笑)アニメの登場人物が実在の人物をモデルにしていたなんて知らなかった。興味深いね。

●僕は銀魂からたどり着いたよ。

●私は新撰組が大好き。見たい。(原文ママ)

●日本でもっとも傑出した侍たちーーそれが壬生の狼たちだった!!

●アップロードしてくれてありがとう。ちょうどいまこのシリーズを観ているところだ。自分はこのところ新撰組にはまっている。この映画はかれらの生き様をよく描いていると思うよ。

ソース

sponsored
スポンサー
スポンサー
スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://iwado.work/feedです。