イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

アメリカ人だけど彼らの勇気には感服せざるをえない 神風特攻隊の映画を見た海外の反応

time 2018/06/23

sponsored

神風特攻隊を描いた映画『俺は、君のためにこそ死ににいく』についた海外のコメントを翻訳してみました。

●素晴らしい映画だ。アップロードしてくれてありがとう!

●君の家族が、子供や友人たちが、金儲けのことしか頭にない奴らの奴隷にされる時、君ならどうする? 自分のことなど顧みず命を捨てた彼らはまさに英雄というべきだ。

●とてもいい映画だ。私は3年ほど海軍に勤務していた。私の人生で一番充実した時だった。この日本兵に敬意を表する。どんな物事にも両面があるものだよ。

●広島に原爆を落としたアメリカは恥を知れ!

●自分は日本人を尊敬しているし、日本文化を愛してもいる。しかし、この映画は歴史を過度に美化したフィクションだよ。悪いけど、こういわざるをえない。あまりいい映画ではない、と。

●最初の45分間で何度か泣いちゃったよ。これは大日本帝国のために命を捧げた勇者の魂をありのままに描いた映画だ。ここにはハリウッド映画に洗脳された馬鹿者がいるようだが、オレは断固としてこっちを支持する!

sponsored

●シェアしてくれてありがとう。日本占領下の政府機関で働いていた祖父は、日本人将校と渡り合わなければならなかった。父は日本人の横暴な振る舞いを覚えている。母は僕に「日本人にはいい人と悪い人がいる」と教えてくれた。しかしそこには日本人への憎しみはなかったし、むしろ親日的な雰囲気の家庭で育った僕は小さい頃、父に連れられて神風の映画を見て感動した。以来、日本の視点から見た戦争映画に関心を持っている。アメリカの視点から見た戦争映画は嫌いだ。僕は日本が大好きだ。

●海軍にいたことのあるアメリカ人だけど、かれらの勇気には敬服せざるをえない。自分もあれだけの境地に到達できたらと思うよ。

●中国人としていわせてくれ。国のために命を捨てた日本兵を尊敬する。もし日本と中国が同盟してアメリカと戦っていたなら、つまり中国の資源と日本のテクノロジーが合体していたなら、どうなっていたと思う? しかし関東軍がすべてをだいなしにしたんだ!

●この映画は美化されすぎている。ただのフィクションだ。あの当時、大勢の韓国人が気の狂った日本の支配者たちによって神風パイロットに志願するよう強制された。そして無駄死にさせられたんだ。

●映画を投稿してくれてありがとう。そして命を捧げたあの若者たちにも感謝の意を表する。

ソース

sponsored
スポンサー
スポンサー
スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://iwado.work/feedです。