イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

何かパワーでも得られるのか? 日本の即身仏に対する海外の反応

time 2018/05/12

sponsored

海外の掲示板で日本の即身仏が話題になっていました。

 

【トピック】
はじめて知ったんだけど、日本の仏教僧の間には即身仏という一種の瞑想法があったんだってね。食べ物と水を少しずつ減らしていって最後にはそのまま餓死するんだと‥。

 

●心拍数がゼロになった暁にはそりゃあリラックスするだろうな。

最後の一拍‥

 

●たぶん仏陀の修行を真似したんだろうね。もっとも仏陀は悟りを得るには極端な禁欲は役に立たず、中道こそが真の道だと悟ったんだけどね。

仏教徒の多くは極端な修行はしない。中道を歩むというのが仏陀の教えだ。

sponsored

 

●日本の天台宗には千日回峰行という修行もあるよ。一日30キロ以上の山道を飲まず食わずで走り続ける過酷な行だ。いったん修行に入ったら完遂しなければならない。完遂できない時は自殺しなければならない。

走り続けるわけじゃないよ。早足で歩くだけだよ。

 

●どうしてこんな馬鹿げたことが「賞賛されるべき行為」なんだ? こんなこといったい誰が考えたんだ?

 

●ミイラ化した200年以上前の僧がモンゴルで発見されたニュースを思い出したよ。一部の人はまだ生きていると信じているらしい。

彼はただ「ほとんど死んでいる」だけだよ。

 

●生きているうちにミイラになる処理を施されるのかな?

 

●何かパワーでも得られるのか?

すくなくともジェダイの力じゃあないわな。

 

●愚かな修行法だ。まったく論理的でないし、自然にも反している。精神性というのは、極端な禁欲によっては得られないんだよ。

 

ソース→

sponsored