イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

日本好きは肩身が狭い?「日本かぶれ」認定を回避する方法をめぐる海外の反応

time 2018/08/13

sponsored

ネット上に流布している「I love japan but I’m not a weaboo starterpack」(日本好きだけど自分は日本かぶれじゃないと主張したい人のための入門講座)なるテンプレ画像をめぐって海外掲示板が活気づいていました。

ちなみに画像に書いてある文字は以下の通りです。

(左上から右周りで)
「あれは子供向けの漫画でしかないからね」
「アヴァターは日本アニメ?」
「明治天皇が大好きさ」
「彼らの労働倫理を尊敬する」
「もちろん『千と千尋の神隠し』は観たよ!」

要はここにあるようなものを前面に押し出せば、「日本かぶれ」認定はかろうじて避けられる(カモフラージュできる)ということのようです。

 

(以下コメント)

●黒沢映画を忘れているぞ。

●「彼らの労働倫理を尊敬する」には違和感があるな

「死ぬまで働くことを尊敬する」というべきだろうな

●僕はここに書いてあることの多くに当てはまるけどいまいちどういう意味なのかわからないな

●日本文化に関心を持つのと日本人になりたがるのは別だよ。「日本かぶれ」と呼ぶべきなのは後者だけだ。

ながらくアニメ好き=日本かぶれ、という意味合いで使われてきたからなあ‥。

その意味でいえば、自分は「日本かぶれ」だということになるな。

アニメにどれだけ入れ込んでいるか、その度合いにもよると思うよ。

●自分は日本人とのハーフだけど、だとすると自分は生まれつきの「日本かぶれ」ってことになるのか?

日本人は「日本かぶれ」にはなれないよ。日本かぶれというのは自分の文化を卑下してまで日本人になりたがる人のことを言うんだ。その点、君は違う。心配するな。

日本かぶれといいうのは、「日本人以外でアニメが好きな人」というのが通常の使われ方だ。

「日本かぶれ」というのは新しい「オタク」のこと?

「オタク」というのはもともと日本語で、英語でいう「nerd」のことだよ。

「日本かぶれというのは自分の文化を卑下してまで日本人になりたがる人」。この定義が一番しっくりくるな。

自分は第三世界(途上国)の出身だ。この地獄のような場所から出られるなら日本かぶれでもなんでもいいぞ。

sponsored

●日本の労働環境の中に置き、それでも日本人になりたいかを観察する、という方法もあるぞ。

客としてはいいところだけど、労働者にとってはそうじゃないからな。

それでもあの規律正しさは印象的だよ

●「子供向けのショーを見て自分勝手に作り上げた想像上の日本人になりたい」というのが日本かぶれの意味だよ

間違いではないが、アニメがみな子供向けとはかぎらないぞ。

●大勢の西洋人が日本に興味をもつのは、ひとつに日本がいろんな面で西洋と違うからだと思うけど、もうひとつは日本が豊かで安全、かつ清潔な先進国でもあるからだと思う。世界には西洋と異なる文化をもつ国は山ほどある。けれどその多くは途上国だ。その文化はたしかに興味深いかもしれない。だけどその国力の弱さゆえその魅力がこっちまで十分伝わってこないだけなんじゃないかな。

●村上春樹は偉大な作家だ! 自分は外国の文化や世界史に興味があるけど、以前スコットランドの歴史や食べ物にはまっていた時、誰も私を「スコットランドかぶれ」なんて呼ばなかったぞ。

同意だ。今『ノルウエイの森』を読んでいるけど、いいよね。

高校時代に『海辺のカフカ』を読んだけど衝撃を受けたよ

●源氏物語と平安時代はとても興味深いわよ。私はアニメには興味がないわ。けど、17世紀以前の日本の歴史を学んだ私からすると日本の文化はとても魅力的よ。

日本かぶれ見っけ!

日本かぶれの罪と歴史オタクの罪。ふたつの罪をお前に宣告する。

●オレはスバル車を運転してるが日本かぶれじゃあない。流行の先端を行ってるだけだ!なにか文句あるか?

●weaboo(ウイアボー:日本かぶれ)とは何ぞや?

抱き枕を趣味にする人

日本のポップカルチャーに異様なまでに入れ込む人

原義:表面的な知識しかないくせに日本文化を持ち上げ、さらに日本人になりたがる人
現在の意味:なんであれ日本に対して肯定的なことを言う人

日本じゃなく、アメリカかぶれのような言葉はないの?

Freeaboo(自由かぶれ)だな。
ちなみに、
英国ーTeeaboo
韓国-Koreaboo
ナチスドイツ-Wehraboo
他にもあるが、まあ一般的なのはこれくらいだろうな。

フランスもOuiaboo(ウイアボー)?

sponsored
スポンサー
スポンサー
スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://iwado.work/feedです。