イワド新報

日本の話題を中心に、新しい視野が開けるような海外の面白ネタを翻訳してご紹介します

日本人の強さは想像を超える! 震災後も明るく前向きに未来を切り開く東北の人たちに世界が感動

time 2018/07/07

sponsored

東北大震災時の津波により壊滅的な影響を被った宮城県女川町と気仙沼市。そこで進行する復興の動きとそこに芽生えた企業家精神を外国人の目線から紹介する動画に海外から多くのコメントが寄せられていました。

(動画の大意)

ここは女川町。2011年3月、日本を襲った大津波で大きな被害を受けた町だ。

あれほどの被害を受けた人たちが復興への希望を持つ事などありえないと思うかもしれない。

しかしこの女川町は、急速に復興への道を辿っている。しかもそこには以前にもまして強い絆と起業家精神が生まれている。

種子島出身で震災後にこの町にギター工房「グライド」を開いた梶屋陽介氏。

「町の空気感が素晴らしい‥。モノを作る場所の空気感というものは製品にも表れると私は思っているんです」

ダンボールを材料にスポーツカーのランボルギーニやガンダムなどの模型を作っている段ボール会社社長の今野英樹氏。

「同級生だった町長から依頼されたのがきっかけです。当時試作していたダンボルギーニをいわば町のショールームにしようと‥」

スポンサー

女川町長の須田善明氏。

「町の復興に当たっては、その原資となる予算、それは全国民からの税、国の予算なわけですが、それを意味のある形で使おうと‥。そんな中、震災にあった中学生がそのためのアイディアを提案してくれたんです。そのひとつが『いのちの石碑」です。その目的は1000年後の女川町の住民にメッセージを伝えることです」

(中略)

同様に大きな被害を受けた気仙沼市でも同じように復興への動きが活発化している。

民宿の女将、菅野一代氏。

彼女は自宅を津波で流された後、さらに2017年には漁師だった夫と義理の息子を海難事故で失った。

「私の生き方は過去を振り返らない事。また未来も考えず、今この瞬間を生きるようにしています」

東北の人々は震災後も過去にとらわれることなく明るく未来を切り開いている

(以下、コメント)

 

●民宿の彼女、過去も未来も考えないで今を懸命に生きると語った場面で泣いちゃったわ。

●一方、ハイチでは‥。

●彼らの前向きな企業家精神には心から感服した。

●一代さんに感動した。一代さんに会いたい!

●一方、プエルトリコでは‥。

●日本人の前向きな精神を的確に捉えた素晴らしい動画だ。

●民宿の菅野一代さんに会いたい!

●あなたのチャンネルを見てはじめて泣いたわ。

●女川町長は素晴らしい。中学生のアイディアを取り入れるアメリカ西部の小都市の市長がいるだろうか? そもそも西洋人は国の予算が期待した通り、地域で使われるとは信じていないし、地域もまたその予算を計画通り、誠実に執行しようとはしない。アメリカやプエルトリコは深く恥じるべきだ。

●東北の人々の復興への努力と忍耐力には脱帽せざるをえない。

●負けるという事を知らない日本人の真の底力を見たような気がする。

●涙なしに見れない偉大なドキュメンタリーだ!

sponsored

●彼らが街を復興させるその速さには驚くばかりだ。私の国では道路一本作るのにも時間がかかりすぎる。

●菅野一代は私のスーパースターです。

●感動した。いつか日本に旅行する時があったら、そこをぜひ訪れてみたい。

●心が洗われる感動的なビデオだ。ここに出てくる人はみな素晴らしい人物ばかりだ。これを観る人も彼らから多くのインスピレーションが得られることだろう。

●日本人は強い。これを観てますます尊敬の念が強くなったよ。

●私のなかでいまも強く印象に残っているのは、被災地を訪れた天皇皇后のふるまいだ。彼らは何日も被災地を訪問しては、ひざまずいて被災者と直接語りあっていた。アメリカの大統領がそのようなことをすると想像できるだろうか? 仮にしたとしてもセキュリティポリスをけっして傍らから離そうとはしないだろう。

●家族を失った彼女の話はとても悲しかった。しかし彼女はそれでもなお未来へ向かって笑顔で進み続けている。その姿に大きな勇気をもらったよ。

●日本人には我々がお手本にすべきところがたくさんある。

●感動した!あのような悲劇からこれほどの美しいドラマが生まれたなんて!

●信じられないほど素晴らしい動画だわ。日本を愛している。

●去年11月、私の国イランでは630人が死亡する大きな地震があった。国の管理体制がずさんで支援物資が現地まで届かないこともあり、被災者は今も困窮している。私はこのビデオのリンクを現地の友人や知人、関係者に送るつもりだ。復興への強い意志をもつ人々がいる限り、必ず希望がある、というこのビデオのメッセージはきっと彼らの心にも届くと思う。このような前向きな思考こそ今の私の国に必要なものだ。素晴らしいビデオをありがとう!

●俺は泣いてなんかいないぞ。お前が泣いているんだ。

●気仙沼の人たちの復興への思いと前向きな精神には勇気づけられた。私は震災当時、日本にいた。毎年春になると桜が咲くが、桜は人生のはかなさとと同時にその美しさも思い出させてくれる。君のビデオは、私たちの心にも勇気と感動を呼び起こしてくれた。

●私はあの津波で友人と愛する人を失いました。こんな素晴らしいビデオを撮ってくれたことに感謝します。

●尊敬すべき人たちばかりだ!

●まさに珠玉の作品だ。日本人の強靭さは我々の想像を超えている。

●フクシマ原発事故があった後、東北はどうなったのだろうかと心配していた。繁栄している地域があると知って安心したよ。

●日本人の強靭さには驚くばかりだ。これほどの災害にも関わらず、というよりむしろそのせいで、かえってよりよい未来を切り開く精神が生まれるとは‥。まったく信じられないよ。

●日本が世界とどれほど異なるかがよくわかる動画だ。

●これは他の国ならただ立ち尽くすだけの災害に対して日本人がどのように団結して立ち向かうかを示している。もちろん日本にも問題がないわけではない。しかし彼らは本当に強い心を持っている。

スポンサー
スポンサー

●彼女は私が見たなかでもっとも勇敢で前向きな女性だ。

ソース

sponsored
スポンサー

RSSフィード

まとめサイト等で配信を希望される方は、RSSフィードをご利用ください。当サイトのRSSフィードはhttp://iwado.work/feedです。